ヴァセリンは石油から精製された鉱物油なので、顔に塗っても大丈夫? 肌荒れしない? ニキビができたり悪化したりしない? と心配される方が多いと思います。結論から言うと、

ヴァセリンは顔に塗っても大丈夫です。

鉱物油自体は、肌へ浸透することがなく肌表面に膜を作り外的刺激から肌を守ると共に肌内部の水分を外へ逃がさない保湿・保護能力があります。そのため、化粧品やベビーオイルなどにも使われています。一昔前までは、精製技術が高くなかったため鉱物油に不純物が混ざっていることが多く、その不純物が原因で肌にトラブルが起きることがありました。それが鉱物油に悪いイメージをもたらしています。

しかし、現代の精製技術は飛躍的に向上し鉱物油の不純物はほぼ全て取り除かれています。

もし、心配であれば超高純度のワセリン(サンホワイト)などを利用するといいかもしれません。一般的なヴァセリンは、「黄色ワセリン」といわれるものなのですが、黄色ワセリンは肌に影響のない程度ですが不純物がやや混じっています。その黄色ワセリンから更に不純物を取り除いたものが、白色ワセリンです。実際に見た目も純度が高いほど白色になっています。更に純度を上げたプロペトやサンホワイトなどがあります。

黄色ワセリン
有名なヴァセリンはこの黄色ワセリンになります。

白色ワセリン
黄色ワセリンからより純度を上げたものが白色ワセリンです。

プロペト
白色ワセリンから更に純度を上げ不純物をほぼ取り除いたワセリンです。鉱物油に含まれた不純物は長時間紫外線に当たると酸化し、肌に刺激を与える可能性があります。しかし、プロペトは不純物がほぼ取り除かれている為、刺激に弱い肌でも安心して使用することができます。

眼科用の軟膏や医療用としても使用されています。

サンホワイト
高純度のプロペトを更に純度を上げたワセリンです。赤ちゃん肌にも安心して使うことができます。

ヴァセリンを使わない方がいい場合

ヴァセリンは顔に塗っても大丈夫といえど、塗らない方がいい場合もあります。

それは、炎症を起こしているような赤ニキビや黄ニキビ、紫ニキビなどが顔にできている場合です。これらの炎症ニキビは、油分を好むアクネ菌が増殖することで起きており、そこに鉱物油であるヴァセリンを塗るとアクネ菌を更に増殖させてしまう可能性があります。